猟奇的な彼女あらすじ11話

キョン・ウは、ダルハン皇子にこの縁談を口実にして密貿易と謀反の加担が行われていること話します。

そして、清の皇帝から賜った三顧の礼の扇を、ダルハン皇子に見せます。いつでも扇を見せれば、願いを叶える約束の扇でした。キョン・ウは、ダルハン皇子に縁談をあきらめるように願います。

そうして、ダルハン皇子はヘミョン王女への求婚をあきらめ、朝鮮を去りました。

カン従事官は、戸曹判書の取り調べをしますが、口を割りません。王宮では、チョン・ギジュンの一派は、真実が知られないように戸曹判書の極刑を求め、対立する一派は尋問後に処罰すべきと主張します。

キョン・ウは、今回の手柄で元子の師匠に復職することが決まります。でも、王宮での風当たりが強くなることを恐れたキョン・ウの父親は、辞職して母親の実家で学問に専念するように勧めますが、キョン・ウは断ります。

その晩、再びキョン・ウは悪夢でうなされますが、ヘミョン王女も同じ夢を見て、うなされていました。

今回の件で、ヘミョン王女は大妃からのお仕置きとして、恵民署で奉仕ををするように命じられます。

戸曹判書に口を封じるために食事に毒が盛られていましたが、カン従事官が気が付いたために毒殺は失敗に終わりました。カン従事官は、戸曹判書にすべて白状すれば命だけは助けると取引を持ちかけます。

王妃は、ヘミョン王女の縁談が破談になったこと、謀反の罪で戸曹判書が捕まったことで、チョン・ギジュンを責めますが、チョン・ギジュンは謀反の件は知らなかったととぼけ、逆に余計なことを知りすぎれば、王妃の身が危うくなると脅しをかけます。

そんなチョン・ギジュンに対して、王妃は不信感を抱くようになります。

ヘミョン王女が恵民署に行くと、そこには、王女を手伝うために、ダヨンと取り巻きたちが来ていました。しかし、取り巻きたちは患者に対して、横柄な態度を取り、ヘミョン王女を怒らせてしまいます。

ダヨンは取り巻きたちの態度を謝りながら、キョン・ウと自分に縁談の話があることをヘミョン王女に話し、揺さぶりをかけます。

ショックを受けたヘミョン王女は、迎えにきたキョン・ウに冷たい態度をとってしまいます。内官から事情を聴いたキョン・ウは、 ヘミョン王女の誤解を解きます。

兵曹判書は,牢にいる戸曹判書にひそかに牢の鍵を渡し、脱獄の手助けをしますが、その晩、脱獄した戸曹判書を捕らえようと見せかけ、殺します。戸曹判書が死んだことを知った王妃は、もし本当にチョン・ギジュンが謀反を企てていたら、自分の地位が危うくなると考えます。

チョン・ギジュンは、ダヨンにキョン・ウのことをあきらめるように言いますが、ダヨンは頑として聞き入れません。

その晩、仮面をかぶった人物がチョン・ギジュン宅の庭に忍び込み、文を付けた短剣を投げつけます。その文には、「事必帰正 因果応報」と書かれていました。

ヘミョン王女の元に、護衛武士から、10年前の王妃の尚宮が見つかったとの知らせが来ます。

キョン・ウは、尚宮に会いに行こうとするヘミョン王女を止め、代わりに自分が会いに行くことにします。

お寺にいた元尚宮は、「10年前のことは何も知らない」といいますが、「恋人の母親を探したい」と言うキョン・ウの言葉に「探さないで、王女様の母親は密通の罪で王妃を廃されました」と答えます。「危険なので探さない」で振り向いた尚宮は、ヘミョン王女の母親廃妃ハン氏その人でした。

猟奇的な彼女あらすじ12話

キョン・ウは、ヘミョン王女の母親が廃妃になった理由を知り、かん口令が敷かれている理由を悟ります。

キョン・ウの帰りを待ちわびるヘミョン王女に、尚宮は当時のことを何も知らなかったとキョン・ウは嘘つきます。密通の罪だったとは、ヘミョン王女には言えなかったためです。

ヘミョン王女は直接会って自分で確かめるために、尚宮のいる寺に向かいます。それを知ったキョン・ウは後を追いますが、ヘミョン王女を止めることができませんでした。しかし、尚宮はすでに荷物をまとめて寺を出た後で、行方知れずになっていました。

ヘミョン王女は、キョン・ウが何か隠していると勘づき、責めます。

その晩、キョン・ウはまた悪夢を見ます。夢の中で、盲母三妄之教と書かれた張り紙を見つめるキョン・ウ、その横には少女が立っていました。

翌朝、キョン・ウの母親は、昔のように具合の悪い姿は見たくないといい、辞職を勧めますが、キョン・ウは断ります。

その話を立ち聞きしたキョン・ヒは、何のことか母親に聞きますが、教えてもらえません。

チョン・ギジュンに送りつけられた文は、チョン・ギジュンの一派の重臣たちのところにも来ていました。中身は同じ内容で、チュソン大君の印が押してありました。
けれども、チュソン大君は10年前に、チョン・ギジュンたちの目の前で火に焼かれた死んだはずでした。

恵民署で奉仕中のヘミョン王女の前に、チュンプンが現れ、ヘミョン王女に恋人が隠し事をするのには理由がある、恋人を信じなさいとアドバイスします。

そこにキョン・ウが現れ、昨日のことをヘミョン王女に話そうとしますが、黙っているのには理由があるはず、昨日は言い過ぎたと謝ります。

そんなヘミョン王女に思わずキョン・ウはキスをします。ラブラブに2人ですが、ヘミョン王女に心を寄せるカン従事官は、悲しい想いをします。

ダヨンは、父親からキョン・ウをあきらめろと言われ、寝込んでしまいます。そして、お見舞いに来たキョン・ヒに何があったのか話してほしいと言われ、ヘミョン王女とキョン・ウには内緒にしてと前置きして、何かをキョン・ヒに話します。

キョン・ウの両親は、悪夢を見る息子の様子に記憶が戻るかもしれないと心配します。父親は、そうなる前に息子を辞職させ、王宮から遠ざけようとします。

王妃が、ひそかにチョン・ギジュンの手下のウォルミョンに会いに来ます。かつて、2人は結婚を約束した仲でした。ところが、 遠い親戚にチョン・ギジュンがいることを知ったダニョン(現王妃)は、下級役人のウォルミョンを捨て、王宮に入る決意をしたのです。

その後、淑媛となったダニョンは、ウォルミョンにチュソン大君を殺し、チョン・ギジュンの手下になるように命じます。

今度は、チョン・ギジュンが何を企んでいるかウォルミョンから聞きだそうとしますが、もうあなたの味方ではないと拒絶されます。

仮面の人物は、「チョン・ギジュンと王は国を亡ぼす元凶だ、お前たちは私が裁く」と書いた落とし文を民の間に撒きます。民の間では「鬼仮面」と呼ばれ、チュソン大君だと噂されます。

キョン・ウは、友人たちから10年前に焼け死んだはずのチュソン大君が復讐のために現れたという話を聞きますが、キョン・ウは、10年前の出来事を全く知りませんでした。

ヘミョン王女には、10年前母親が廃妃になった日に、チュソン大君が謀反で捕まったことに、何か関係があると考え、王妃の元を訪ねます。

落とし文の主チュソン大君について知りたいといいます。王妃は「ヘミョン王女の母親とチュソン大君は密通をしていた。その罪を隠すために謀反を企てたが、発覚して死んだ。ゆえに母親は廃された」と話します。

その晩、吏曹判書の家に鬼仮面は現れ、矢文が射られます。吏曹判書の家を見張っていたキョン・ウは、鬼仮面に気づかれ矢を向けられます。

猟奇的な彼女11話~12話感想

清との縁談話は何とか結着がついてやれやれですが、これをきっかけにキョン・ウとヘミョン王女の仲は一気に進展しますね。ラブラブな2人!

チョン・ギジュンは、自分の身を守るためには、即効で口封じをする恐ろしい人物ですが、ダヨンもさすが親子

チョン・ギジュンの血を引いているだけあって、ずる賢さはなかなかのもんです。キョン・ヒなんかすっかり騙されてますからね。

ついに、廃妃が登場します、やはり生きていたんですね。

謎の人物鬼仮面が出てきたリ、キョン・ヒ・ウの見る悪夢も気になり、この先の展開から目が離せません。

猟奇的な彼女次回あらすじ

←猟奇的な彼女あらすじ9話~10話
→猟奇的な彼女あらすじ13話~14話

猟奇的な彼女全話あらすじ

>>猟奇的な彼女あらすじ全話一覧

人気の韓国ドラマ見放題!無料お試し有り動画配信サイトのまとめ

みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか?

地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。

私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。

韓国ドラマの放送がほとんどなかった十何年前は、レンタルショップに走っていましたが、レンタルの種類も少なかったー

その後、ひかりTVに加入してから、一気に韓国ドラマの視聴が増えましたが、見逃してしまったドラマは結局レンタルで見るしかなくて・・・

だけど、今は観たいと思った韓国ドラマは「動画配信サイト」で即視聴できるから便利な世の中になったもんです、ホントに

しかも、過去から最新のドラマまで見放題♪

ここでは、韓国ドラマを配信している動画サイトを比較・紹介します。

どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。

>>人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ