青い海の伝説あらすじ22話

ジュンジェは、父親を連れ出すことをあきらめ、引き揚げます。ジュンジェが去った後、ホ・イルジュンは一人涙を流します。

カン・ソヒは、アン・ジンジュの策略通りに会員制の集まりに顔を出します。アン・ジンジュは、その集まりにモ・ユランを連れてきました。

そして、モ・ユランはみんなの前で、ジュンジェを元の場所に戻すと宣言しますが、カン・ソヒは、もう無理よ、全財産は私とチヒョンに譲られることは決まっていると言います。

カン・ソヒは、ここにいる人たちの顔は全員覚えておくから、もう援助は期待しないようにと言い残し、立ち去ります。

カン・ソヒは、マ・デヨンに電話しますが、カン・ソヒのことを全く覚えていません。

チヒョンは急いで家に帰りますが、父親はだれも来なかったとしかいいません。防犯システムえたーになっていたために映像も残っていませんでした。

テオがパソコンから盗んだデータの中には、カン・ソヒとチヒョンに全財産を譲るという遺書も含まれていました。

ジュンジェは、視力をほとんど失っている父親はこの遺書の内容をわかっていないかもしれないと考えます。ホン刑事は過去の事件と程同じ状況だと思います。

ジュンジェは、実家から持ち出した針と薬をホン刑事に渡し、分析を頼みます。さらに、部屋中に置いてあった鉢植えの写真を見せると、それは猛毒を持つトリカブトでした。

記憶を失くしたマ・デヨンの元にカン・ソヒが向かい、カン・ジヒョンよと言いますが、マ・デヨンは何も思い出せません。かつて、カン・ソヒとマ・デヨンは同じ施設にいたのです。

マ・デヨンが覚えているのは、たくさんの人が死んだ記憶だけでしたカン・ソヒは、名前を教え、あなたは必ず復讐する人だった、世間はあなたを捨てた、だから復讐を始めたと言います。私が付いているから大丈夫だから、次に復讐する人を教えてあげると言います。

過去に起こった悲劇的な結末を知ったシムチョンは、もうこの家には居られないと考え、ジュンジェに冷たく当たりますが、シムチョンの決心を知らないジュンジェは一生懸命機嫌を直そうとします。

ホン刑事は、証拠を上司に見せます。カン・ソヒは薬でホ・イルジュンを眠らせ、その間に目を針で刺して、失明に追い込んでいました。でも、証拠として不十分でした。

ホ・イルジュンは今すぐ角膜移植が必要な状態になっていました。

ジュンジェとテオ、ホン刑事は、ジュンジェの実家の前で仕掛けて起きた盗聴器で家の中の様子を探ります。違法な行為ですが、ホン刑事はあえて目をつぶりました。

薬の数が足りないことに気が付いたカン・ソヒは、不審に思いながらも、ホ・イルジュンに薬を運びます。しかし、ジュンジェの言葉を思い出したホ・イルジュンは、薬を飲まずに捨てます。その様子を、カン・ソヒがドアの陰から見ていました。

モ・ユランは、ナム部長のお見舞いに行きます。いまだ意識不明のままのナム部長は、過去の出来事を夢に見ていました。

一方、ナムドゥはシムチョンが人魚であることに気が付き、シムチョンえ大儲けをしようと企みます。

シムチョンは、ユナとホームレスの女を家に呼びます。別れの挨拶をするためですが、もちろん2人にはそんなことは言いません。ユナをお姉さんのようだと、ホームレスの女を先生だといい、2人を抱きしめます。(おそらく、記憶を消したのでしょう)

シアはジュンジェを呼び出します。そして、自分の気持ちを告白します、。ジュンジェがシムチョンを好きなのは知っているけど、彼女はここにとどまる人ではないと思うから、待つわと言いますが、ジュンジェはきっぱりと待つな、あいつはどこにも行かないし、どこかに行ってしまったら、追いかけると言います。

チヒョンがジュンジェのところに来ます。そして、父さんは詐欺師のお前なんかいらないと罵倒しますが、ジュンジェは父さんの目は、お前の母親の仕業で、お前はそのことを知っていたはずだと責めます。

そして、父さんに手を出すな、もし何かあったら、お前と母親を許さないと言いますが、チヒョンは、自分をおびき出すために、シムチョンを利用したジュンジェを責めます。

ジュンジェはシムチョンに本当の気持ちを教えてほしいと言います。シムチョンは、タムリョンとセファが悲劇的な結末を迎えたことを知っていると話します。

私がここに来たせいで、また同じ悲劇が繰り返される、あなたはそのことを知っていて、苦しんでいたのねと言います。

でも、ジュンジェはシムチョンと出会ったことを全く公開していないと言い、もし自分に何かあっても、お前は生き続けろと言います。

シアは、テオに電話をして、ジュンジェに振られたと泣きます。カラオケでシアは泣きながら思いっきり歌います。そんなシアの姿を、テオを優しく見守り、慰めます。

夜中に目を覚ましたホ・イルジュンが部屋から出ると、階下でカン・ソヒが、マ・デヨンに地下室に匿うから、夫を監視するように言います。

その話を聞いたホ・イルジュンは、急いで部屋に戻ろとしますが、躓いてしまったためにカン・ソヒに気づかれてしまいます。

青い海の伝説あらすじ23話

ジュンジェたちは、カン・ソヒの会話を盗聴しますが、相手が無言のために誰と話しているかわかりません。すると、シムチョンが、マ・デヨンで、彼は記憶を失っているので自分が誰だかわかっていないと言います。

なぜ記憶を失っているのかとホン刑事が聞くと、とっさにジュンジェは本人に聞いてくれとごまかします。

身の危険を感じたホ・イルジュンは、携帯の電源を切り、ベッドの下に隠します。カン・ソヒが用意した薬を飲むふりをし、水だけ飲みます。

急に胸ガ苦しくなりだしたホ・イルジュンは、ジュンジェに電話をしますが、ジュンジェは電話に気が付きません。

ジュンジェがメッセージに気が付き再生すると、「私が悪かった、お前の言う通り、私の選択は何から何まで間違っていた。意地を張り続け、認めるのが遅すぎた。ずっと戻りたかった、ユランとお前と過ごした日々に、素直に謝ればよかった、心底公開している、もう1度生まれ変わったら、ユランの夫としてお前の父になりたい。ジュンジェすまなかった、愛してる」と言い残し、息絶えます。

そのメッセージを聞いたジュンジェは急いで父親の元に向かいます。一方、ちょうど帰宅したチヒョンは、マ・デヨンが家の中の鉢植えを処分しているのを見て、おかしいと思い、父親の部屋に行きます。そして、ジュンジェへの電話を聞いてしまいます。

電話し終えた父親に近づくと、彼はすでに死んでいました。ベッドサイドに置いてあるコップに中身が、トリカブトの毒だと気づいたチヒョンは急いで、それを捨て、119番通報します。

警察は、心筋梗塞と判断し、遺体を運び出します。ジュンジェは間に合いませんでした。父親の変わり果てた姿を見たジュンジェは、チヒョンに殴りかかりますが、ホン刑事が止めに入り、真相を突き止めるんだと言います。

ナムドゥは、ジュンジェがいない隙にシムチョンにマ・デヨンが記憶を失ったのはお前のせいか?お前は何者で、どんな力を持っているんだと聞きます。

シムチョンはあなたの友達よと答えます。友達になった人は信じるけど、裏切った時には対処するわと言います。

その時、ジュンジェの父親が亡くなった知らせが来ます。シムチョンとナムドゥ、テオの3人は病院に向かいます。

父親を亡くしたつらさにジュンジェは、シムチョンに父親との記憶をすべて消してほしいと頼みますが、大事な愛の想いでは消せないわと言います。

カン・ソヒは、みんなの前で泣き崩れ、気を失います。それを見たナムドゥたちはあまりの演技力にあれなら騙されると恐れ入ります。

モ・ユランは、お父さんとのことはよく覚えているけど、お父さんは違ったみたい、1か月前に病院で会ったけど、無視されたとジュンジェに話します。ジュンジェは、父親の目がほとんど見えていなかったから、無視ではないと話します。

カン・ソヒは、相続の手続きを急いで進めるように命じます。そして、チヒョンは、やったのは母さんだろ、助けるために正直に話してほしいと言います。

カン・ソヒは、ホ・イルジュンを殺したことを認めますが、チヒョンには知らぬ存ぜぬを通せと言います。

チヒョンは、ナムドゥに声を掛け、。自分の側につかないなら、刑務所にぶち込むと脅します。ナムドゥは、私はお金持ちの味方です、脅さなくても、いくらでもあなたに付くと言います。チヒョンの望みは、ジュンジェを殺すことでした。

ナム部長は意識不明のまま、過去の夢を見ています。過去でチヒョンはヤンの息子でした。そして、ナムドゥはヤンの下で働く人間でした。

ホ・イルジュンの死因は、急性心不全でした。納得いかないジュンジェは、トリカブトの毒なら心不全と似た症状が出るから、解剖をしてほしいと言います。カン・ソヒは、お父さんを切り刻むことには反対よ、解剖して何が得られるの?

ジュンジェは、お前が殺した証拠だ!と言います。カン・ソヒは、お金はいらないから、そんなことはやめてと泣き崩れますが、ジュンジェは騙されない、家にあるトリカブトと大量の抗コリン薬、針、他殺が疑われる状況なので解剖をと訴えます。

しかし、チヒョンは遺産相続で争っていた話を持ち出し、解剖に反対します。

家宅操作が入りますが、トリカブトはすべてマ・デヨンによって、処分された後で、何も証拠は出てきませんでした。

ホ・イルジュンの葬儀に、モ・ユランとアン・ジンジュがやってきます。モ・ユランに暴言を吐いたカン・ソヒは、モ・ユランに殴られ、反撃されます。

怒ったカン・ソヒが殴り返そうとすると、シムチョンが止めに入ります。そして、カン・ソヒの記憶を見ますが、記憶は消さずに、そのままにします。これほどの罪を重ねたきたのに、何も得られなかったことを覚えておきなさいと言います。

シムチョンは、ジュンジェを実家に連れていきます。そして、カン・ソヒの記憶を手がりに、証拠が隠された地下室の隠し部屋を見つけ出します。

その部屋は、マ・デヨンが隠れていた部屋で、大量のトリカブトが捨てられていました。

青い海の伝説あらすじ24話

証拠が見つかったため、カン・ソヒは、カン・ジヒョンとして殺人容疑で緊急逮捕され、ホ・イルジュンの遺体は司法解剖にされることになりました。

葬儀場は大変な騒ぎになりますが、カン・ソヒがいなくなり、ジュンジェはやっと父親に別れを告げることができます。

葬儀にやってきたシアは、カラオケでの醜態を思い出しテオと合わす顔がありません。でも、テオが送っていくというと、仕方ないわねといいながらも、テオの優しい気づかいに、悪い気はしません。

葬儀が終わり、シムチョンはジュンジェに過去の出来事派繰り返されるのと聞きます。シムチョンは、マ・デヨンの記憶を見たときに、タムリョンの命を奪った銛を投げた人物の顔を見ていました。

逮捕されたカン・ソヒは、弁護士のアドバイス通りに、何も知らないとシラを切り続けます。令状なしの逮捕だったために、48時間しか拘束されません。

ジュンジェを監視していたナムドゥは、ジュンジェが警察から出てきたことをチヒョンに報告します。そして、カン・ソヒが釈放されたあと、ナムドゥは駐車場でジュンジェを襲い、気を失わせます。

それに気づいたテオは、シムチョンと共にジュンジェのところに向かいます。

ひと気のない倉庫にジュンジェは連れていかれます。そこには、カン・ソヒとチヒョンがいました。ナムドゥの裏切りに怒るジュンジェですが、すでに遺書も用意されていました。

ジュンジェは、遺産相続でもめた挙句、父親を殺し、その罪悪感から自殺するという筋書きになっていました。ナムドゥは、ジュンジェにトリカブトの毒を注射します。

カン・ソヒはジュンジェと二人きりにしてほしといいます。そして、ホ・イルジュンを殺したのは、17年間も尽くしたのに、全財産をジュンジェに譲ることが許せなかったからだと言います。

ずっと以前から毒を飲ませて、徐々に侵されていたから、どのみち助からなかった。1年以内には死んでいたはずだが、ふざけた遺書を書いたから、予定よりも早く死んでもらったと言います。

ジュンジェは、前の夫たちもそうやって殺したのかというと、カン・ソヒはそうよ。でも、今までばれなかったから、これからもばれないわと言います。

そうかなと不敵な笑いを浮かべるジュンジェ

すると、倉庫に潜んでいた刑事たちが姿を現しました。カン・ソヒに白状させるために、ジュンジェが仕組んだことだったのです。

実は、ナムドゥは、ジュンジェを裏切るふりをして、ジュンジェやホン刑事たちと組んで、カン・ソヒの罪を暴こうとしていたのです。

カン・ソヒが逮捕され、自分が騙されていたことに気づいたチヒョンは、刑事から拳銃を奪い、ジュンジェを撃とうとします。

過去、タムリョンを貫いた銛を投げたのは、まさにチヒョンだったのです。シムチョンは、ジュンジェを庇い、撃たれます。

シムチョンは、同じ結末を恐れていたけど、今度は違う、私があなたを助けた、良かったといい意識を失います。

カン・ソヒとチヒョンの逮捕のニュースが流れます。

警察に連行される途中、チヒョンはトイレに寄って欲しいと頼みます。そして、隠し持っていたトリカブトの毒を飲みます。

取り調べの最中に毒が回ったチヒョンは倒れます。別室で取り調べを受けていたカン・ソヒが駆けつけると、チヒョンは母さんが僕の母親であることが心底恨めしいよと言い残し、亡くなります。

シムチョンの手術は無事に終わりましたが、意識が戻りません。

シアは、婚礼を挙げた晩に夫がどこかへ行ってしまう過去の夢を見ます。タムリョンの婚礼の相手はシアだったのです。現代でも降られるのは、過去が繰り返されたからです。

目を覚ましたシアは、シムチョンがジュンジェを庇って撃たれたことを知ります。

ジュンジェはナムドゥと一緒にナム部長のお見舞いに行きます。ナムドゥは、ナム部長と初めて会った気がしません。

過去世で、ナムドゥ(過去の名前はパク・ム)は、ヤンの私兵になったふりをして、県令に恩返しをするために、ナム部長を助けていたのでした。

意識を取り戻したナム部長は、ナムドゥの顔を見て、パク・ムといい、ジュンジェをタムリョンと呼びます。

ジュンジェは、あの時も今の友達でいてくれてありがとうとお礼を言います。

依然として目を覚まさないシムチョンに、ナムドゥは自分たちとは身体の作りが違うせいかもしれない、シムチョンは人魚なんだろうと言います。

ジュンジェはお金儲けの手段されたくないので、否定しますが、ナムドゥは、お金は大好きだが、仇をうつこと、恩を返すこと、この2つは譲れないと言います。

別に自分が助けられたわけではないが、俺のジュンジェを助けてくれたと言います。

俺のジュンジェ?気持ち悪いなというと、ナムドゥもそう言った自分も気持ち悪いよ

すると、シムチョンが私のジュンジェよと言い、目を覚まします。

青い海の伝説22話~24話感想

やっとカン・ソヒの悪事が暴かれました。でも、チヒョンはちょっと可哀想でしたね。

お父さんのことが大好きだったのに、ジュンジェのことしか眼中になく、それで悪の道に行ってしまった。そう考えると、ホ・イルジュンってユランとジュンジェだけでなく、チヒョンも傷つけた人ってことになります。

悪意があったわけではないけど、彼が犯した罪も小さくはなかったのかな・・・

いちばん大きい代償を払ったのは、カン・ソヒでした。息子を亡くし、しかも、恨まれたまま死なれたわけですから、今まで犯した罪を思えば、当然かもしれません。

一気に話が動いて、スッキリとしたとこに落ち着きましたが、気になるのがマ・デヨンです。まだまだ、一波乱ありそうです。

テオが、シアを見守る雰囲気がいい!すごくいい!別に好きでなかったのに、好きになっちゃたみたいですね。意外とこの2人お似合いだと思います。

青い海の伝説次回あらすじ

←青い海の伝説あらすじ19話~21話
→青い海の伝説あらすじ25話~最終話

青い海の伝説全話あらすじ

>>青い海の伝説あらすじ全話一覧

人気の韓国ドラマ見放題!無料お試し有り動画配信サイトのまとめ

みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか?

地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。

私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。

韓国ドラマの放送がほとんどなかった十何年前は、レンタルショップに走っていましたが、レンタルの種類も少なかったー

その後、ひかりTVに加入してから、一気に韓国ドラマの視聴が増えましたが、見逃してしまったドラマは結局レンタルで見るしかなくて・・・

だけど、今は観たいと思った韓国ドラマは「動画配信サイト」で即視聴できるから便利な世の中になったもんです、ホントに

しかも、過去から最新のドラマまで見放題♪

ここでは、韓国ドラマを配信している動画サイトを比較・紹介します。

どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。

>>人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ