家族なのにどうしてあらすじ7話

ソウルを助けてくれたウノは、ダルボンと中学時代に親友でしたが、今ではすっかり犬猿の仲になっていました。

ダルボンとウノの険悪な雰囲気に、ソウルはいったい2人はどういう仲なのか尋ねますが、ダルボンは真実を告げることができませんでした。

12年前にソウルが助けたのは、ダルボンではウノでした。その時、ウノはほんの気まぐれで、チャ・ダルボンと名乗ったのでした。

ソウルの好意を持ったダルボンは、こっそりとソウルの写真を撮りました。その写真を大切に眺めていたダルボンを、ウノは冷やかし、写真をくしゃくしゃにしてしまいます。怒ったダルボンは、ウノを殴り、鼻を折ってしまいます。それ以来、2人は犬猿の仲になってしまったのです。

テジュの秘書となったガンシムは、早朝に出社して、常務室の掃除と整理整頓を完璧に行い、テジュを迎えます。見違えるほどキレイになった常務室を見て、テジュは驚き、褒めると見せかけますが、テジュは置き場所が変わると仕事にならないと怒鳴り、すべて元に戻させます。さらに、無理難題を吹っ掛けます。

1日では到底終わらない仕事をガンシムに押し付け、いくら君でも無理だろうと勝ち誇った態度をとりますが、ガンシムも負けていません。

頭をフル回転させて、仕事をこなす手順を考え、行動に移します。

一方のテジュは、ナム秘書を呼び出し、ガンシムの性格や行動パターンを聞きだします。ナム秘書は、ガンシムの情報をテジュに伝えますが、事前にガンシムの許可を得ていたのでした。秘書仲間はガンシムの味方でした。

ガンジェとの食事を終えたヒョジンはガンジェのことが気に入ります。院長も娘婿にと考えていますが、妻のヤングムだけは、いまいち乗り気ではありません。

スンボンは、夕食も食べずに子供たちの帰りを待っていましたが、3人とも食事はいらないとだけいい、スンボンの食事のことは全く気にかけません。

唯一、ソウルだけがスンボンが食事をすましているか尋ねます。まだ、スンボンが夕食を済ませていないことを知ると、ダルボンにお父さんは食事をしないで待っていたのよ、店じまいは俺がするからくらい言えないのと説教します。

すっかりソウルに頭の上がらないダルボンは、店じまいをしに行きます。その様子を見たスンボンは、ますますソウルのことが気に入ります。

ダルボンに結婚する気はないか聞きますが、素直になれないダルボンは、姉さんの方が先だろうとごまかし、バイトへ行ってしまいます。

ヒョジンは、ガンジェを訪ねて病院にやってきます。たまたまヨンジンにガンジェさんはいますかと聞いてしまいます。不安になったヨンジンは、あの人は誰と聞きますが、ガンジェは後で話すといって、ヨンジンを冷たくあしらいます。

ソウルは、靴を置き忘れたカフェに行きますが、靴はウノが持って帰っていました。店員が預かっていたウノの住所をみて、ウノの元を訪ねます。

ソウルは、ウノから助けたお礼をして欲しいと言われ、かき氷をおごることになりますが、食事よりも高いかき氷にソウルは文句たらたら

ところが、ひと口食べてみたら、あまりのおいしさにペロッと平ベてしまうソウルでした。

そこで、12年前に川でおぼれた自分を助けてくれたのがソウルと知ったウノは、ダルボンに電話をします。

家族なのにどうしてあらすじ8話

ムン会長とペク・ソリはゴルフを楽しみますが、ソリがプロポーズの指輪をはめていないことに気が付きます。

ソリは、まだ息子のウノにプロポーズの話をしていませんでした。

テジュは、ガンシムに1日では到底終わらない量の仕事を命じ、もし時間内に終わらせることができなかったら、その時は処分してやると息巻いています。

ガンシムはタブレットを眺めているだけで、仕事をしているようには見えませんが、頭の中はいかに仕事をこなすかしっかりと考え、指示を出し、余裕ですべてを終わらせます。

悔しがるテジュに対して、ガンシムはガッツポーズで喜びます。

ソウルがウノと一緒にいることを知ったダルボンは、レストランに向かいます。

ウノは12年前にソウルが助けのは自分で、純粋なソウルを騙すのはよくないと言いますが、ダルボンは、元はお前の嘘から始まったと言い返し、あわや喧嘩になりかけます。

そこにソウルがやってきて、喧嘩を止め、仲直りをするように言います。

ガンシムが、会長秘書から左遷された思い込んでいるスングムは、お見合いの話を持ってきます。

結婚する気の全くないガンシムにとっては、ありがた迷惑なおせっかいで、家を出ようと物件情報を集め始めます。

ソウルは、帰宅したダルボンに靴を渡します。スンボンへのプレゼントにソウルが買った靴でした。

早くに両親を亡くしているソウルは、ダルボンに親孝行を促します。

ダルボンは、その靴をスンボンにプレゼントします。こんなことをしてもらったのは初めてのスンボンは、戸惑いながらも喜びを隠せません。

ダルボンは、早く稼いで、父さんに楽をさせてあげるからといい、感謝の気持ちを表します。

その様子を物陰から見守るソウルに、ダルボンは口パクでお礼を言います。

ガンジェは、ヒョジンとヤングムと一緒にオペラ鑑賞をします。オペラ鑑賞が終わると、ヤングムはガンジェをお茶に誘います。

そして、婿養子としてヒョジンの結婚相手になって欲しいこと、ヒョジンとの交際を考えてほしいといいますが、ガンジェは冷静な態度を崩さずに、わかりましたと答えます。

その頃、チャ家にはヨンジンが突然やってきました。

スンボンに、初めましてお父様とあいさつするヨンジンに、ガンジェの恋人だとスングムは勘違いします。

帰宅したガンジェは、ヨンジンが家族と楽しそうに談笑する姿を見て、なぜおまえがここにいる?と激怒して、追い返します。

そして、いきなり自宅に押し掛け、家族と仲良さそうに話しているヨンジンを見て、結婚を迫られていると感じ、一方的に別れを切り出します。

戻ってきたガンジェに、スンボンは話をしようと言いますが、あっさりと無視されます。ガンシムも寝たふりでスンボンを無視します。

スンボンにお休みなさいと話しかけるのはソウルだけでした。ソウルの優しさにお礼をつぶやくスンボンです。

屋上の部屋に戻ってきたソウルは、ダルボンに「あんたの夢は何?」と聞きます。すると、逆にダルボンから「お前の夢は何なんだ?」

ソウルは「私の夢はあなたと結婚して子供を産み、一緒に歳をとることだったけど」と話します。

そして、そんなに私のことが嫌い?私も医者だったら結婚してた?と聞きます。

女医のヨンジンに比べ、自分には何のとりえもないことにソウルは落ち込んでいたのです。

ダルボンは結婚を拒んでいるのは、ソウルのせいではなく、お金も仕事もない自分のせいだと言います。

ガンシムは、相変わらず無理難題を言ってくるテジュにイラつきながらも仕事をこなしていきます。

家族なのにどうして7~8話感想

12年前にソウルが助けたのはウノだったんですね。では、なぜウノはダルボンと名乗ったのでしょうか?

さらに、ダルボンとウノは中学時代に大げんかをして、疎遠になりますが、原因はソウルだったようです。

それにしても、ソウルは周りに気づかいができる優しい女の子です。最初は、子供の頃の結婚の口約束を信じて、上京してくるなんてとちょっと変わってると思いましたが、純粋でいい子なんですね。

家族なのにどうして次回あらすじ

←家族なのにどうしてあらすじ4話~6話
→家族なのにどうしてあらすじ9話~10話

家族なのにどうして全話あらすじ

>>家族なのにどうしてあらすじ全話一覧

人気の韓国ドラマ見放題!無料お試し有り動画配信サイトのまとめ

みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか?

地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。

私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。

韓国ドラマの放送がほとんどなかった十何年前は、レンタルショップに走っていましたが、レンタルの種類も少なかったー

その後、ひかりTVに加入してから、一気に韓国ドラマの視聴が増えましたが、見逃してしまったドラマは結局レンタルで見るしかなくて・・・

だけど、今は観たいと思った韓国ドラマは「動画配信サイト」で即視聴できるから便利な世の中になったもんです、ホントに

しかも、過去から最新のドラマまで見放題♪

ここでは、韓国ドラマを配信している動画サイトを比較・紹介します。

どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。

>>人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ