家族なのにどうしてあらすじ55話

結婚を反対するスンボンに、スングムやヨンソルは、ガンシムの年を考えたら喜んで送り出すべきと抗議しますが、スンボンは、大事な娘を嫁がせる価値がある男か見極めてからだと怒鳴り散らします。

ガンシムは、スンボンの態度をテジュに謝りますが、テジュは、ガンシムにプロポーズできて、ガッツポーズをします。ところが、テジュはせっかくプロポーズしたのに肝心の指輪を渡し忘れていました。

ガンシムは、結婚を反対する理由を聞きます。スンボンは、好きな女性からプロポーズされたのに、すぐに返事をしなかったことが気に入らなかったといいます。逆に、ガンシムに急に結婚する気になった理由や香港支社の話を問い詰め、なにかあるはずだと怪しみます。さらには、ムン会長の命令ではないかと疑います。

ガンシムは、それを否定し、今までさんざん結婚を急かしていたくせに、反対する方が変だと言いますが、スンボンは今回のプロポーズが不自然だと譲りません。

ガンシムは、それなら結婚をやめて、一生独身を貫き通すけど、どうするかスンボンに決めてほしいと言います。

ソウルは、ダルボンに店を継ぐことをあきらめないでと説得します。お父さんのように生きるのが夢だと言っていたのがから、夢を簡単に諦めたら後で後悔すると言いますが、ダルボンは取り合いません。

テジュは、指輪を渡し忘れたことをウノに相談します。ウノは、自分がプロポーズする時に使おうと思っていたとっておきの策を教えます。

アメリカのドラマ「セックス&シティ」にでてきたシーンで、予想外の場所でごく自然に渡す方法でした。散歩中に、スニーカーの靴ひもがほどけ、結び直すときに、指輪を手渡すという方法でした。

最初は、渋っていたテジュですが、ウノと練習してみると、簡単なことがわかり、やる気になります。

スンボンは、テジュを夕食に招待するようにガンシムに言います。結婚を許したわけではなく、話があり、その時のテジュの答え次第で結婚を許すかどうか決めると言います。

翌朝、出勤したテジュは、早速練習した方法でガンシムに指輪をを渡そうとしますが、肝心の靴ひもがほどけずに、失敗します。

ペク・ソリは、ウノからテジュとガンシムのプロポーズの話を聞き、驚きます。ウノは、ペク・ソリがガンシムを気に入っていると思って話したのですが、ペク・ソリは、ガンシムが優秀なことは認めるけど、嫁として気にいらないと言います。

ムン会長は、プロポーズの話を聞き、ガンシムがテジュをまともにしてくれたと喜びます。それが気に入らないペク・ソリは、ガンシムに電話をして、事情を聞こうとしますが、ムン会長は、2人が報告してくるまで、知らん顔をしておけと命じます。

ソウルは、スングムの掃除の手伝いをしようとしますが、相変わらず家事を手伝おうとしないヒョジンに対して、ガンシムの悪口を言っていた話を持ち出し、掃除の手伝いするように仕向けます。でも、スングムにはヒョジンが自分から進んで掃除をしていると言います。

ガンジェは、毎日1時に予約を入れるから、気が向いたら病院に来てほしいとスンボンに言いますが、スンボンは姿を現しません。

ダルボンは、店のことで頭がいっぱいで、仕事中に指を切ってしまいます。そんなダルボンに、ウノはなぜ急に店を継ぎたいと思ったんだと聞くと、ダルボンは自分のせいで、父さんが腰を痛めたせいだからと言います。そこに、テジュが大変だ、助けてほしいと飛び込んできます。

ガンシムは、テジュとの食事会をスムーズに行うために、テジュに対しての禁句をまとめ、
家族に渡します。

聞きたいことを聞けない家族は不平不満を言いますが、ガンシムは聞きたいことは私にどうぞと言います。スンボンが、いったいどういうつもりだと聞くと、テジュは結婚相手ではあるが、上司でもあるのだから、これは秘書として当然の義務よと言います。

防御線を張ったガンシムに対して、スンボンは無駄の努力を、一発でぶちのめしてやると不敵な笑いを浮かべます。

一方のテジュは、ダルボンに食事会で聞かれそうな質問は何かをリサーチし、準備を万端に整えます。そして、お父さんの好きな食べ物や趣味は何かと尋ねると、ダルボンは、何も思い浮かばず、豆腐とごまかしますが、心の仲では、父親の好物や趣味を何も知らなかったことに気がつき、そんな自分を恥じます。

帰宅したダルボンは、なぜ店を継いではいけないのか、改めてスンボンに聞きます。スンボンは自分の考えを話し、ダルボンが、楽をするために店を欲しがっているようにしか見えないと言います。

ダルボンは、お金目当てで店を欲しがっていると思われたことに激怒して、豆腐をひっくり返し、暴れます。そこにちょうど帰宅したガンジェに、止められますが、ダルボンは家族みんなが自分を見下してバカにしていると怒り、外に飛び出します。

スンボンはショックを受けて、倒れてしまいます。ダルボンのあとをソウルが急いで追いかけ、ダルボンを引き止めなだめますが、ソウルを突き放して、ダルボンは行ってしまいます。

家族なのにどうしてあらすじ56話

スンボンが倒れてしまい、大騒ぎになります。

院長が帰宅すると、ヤングムは外出していました。コ・ウナンと会い、夕食を一緒に食べていたのです。2人は、昔を思い出しながら、おしゃべりに花を咲かせていました。

そこに、院長からの電話がかかってきますが、電話に出たくないヤングムは留守電にします。ところが、操作を間違っていたために、通話中になってしまいます。それに気づかないヤングムは、夫の悪口を言いたい放題、それを院長に聞かれてしまいます。

ソウルは、ウノに事情を話し、ダルボンを一緒に探してほしいと頼みます。家を飛び出したダルボンは、ゲームセンターにいましたが、2人はなかなかダルボンを見つけることができません。

ソウルは、こんなことになるなら、スンボンの病気のことを話しておくべきだったと後悔します。

結局、ダルボンは1人で帰ってきましたが、家の中にも入れず、豆腐店の前で座り込んで途方に暮れます。

そこに、ガンシムとガンジェがやってきてます。ガンシムは、そろそろダルボンにも話すべきだと言います。ここでは家族に聞かれる可能性があるので、2人は屋台に場所を移します。その様子を見ていたダルボンは、おかしいと思い、2人のあとをつけます。

ガンシムとガンジェの話を立ち聞きしたダルボンは、ついにスンボンの病気のことを知ってしまいます。また、自分だけのけ者にされたことに怒るダルボンですが、ガンジェは今からでも態度を改め、しっかりした姿をスンボンに見せるように言い聞かせます。

一方、ソウルとウノは何時間も必死になってダルボンを探しますが、見つかりません。ソウルの喘息を心配したウノは、ソウルを家に帰します。

泥酔したヤングムを、コ・ウナンは家まで送ります。ヤングムは、家で2次会をするからといい、無理やりコ・ウナンを家に上げます。コ・ウナンがいるために院長は怒ることもできず、部屋に引っ込みます。

ダルボンは、結局家には帰らず、ウノの店の社長室で、お酒を飲んで一晩を明かします。無断外泊したダルボンを、スンボンはほっておけと言いますが、実は心配で一睡もできなかったのです。でも、心配は顔には出さず、テジュとの食事会は予定通り今晩行うと言います。

ウノからの電話でダルボンの居場所が分かったソウルとガンシム、ガンジェの3人はダルボンを迎えに行きます。

帰らないと言い張るダルボンを、ガンジェは殴り、ソウルとウノに家族だけにしてほしいと言います。

ガンジェとダルボンは激しい喧嘩をします。ソウルは思わず部屋に入りそうになりますが、ウノが君がいたらダルボンは泣けない、お兄さんたちの前で泣かせてやろうと止めます。

病気を隠していたこと、店を譲ってもらえないこと、その両方に腹を立てるダルボンに対して、ガンジェはいつまで怒っている気だ、意地になるようなことか、病気の父さんに心配をかける様な事かと諭します。

が、ダルボンはそんなガンジェに対して、急に孝行息子のふりか?いつから父親思いに?医者のくせに父さんの病気に気づけなかったくせに、医者だからと偉そうにして、このザマかと責めます。

ガンジェは、だからお前はよくしてやれ、親不孝者は俺だけでいい、俺は父さんに冷たく当たり傷つけた、病気なのに気づいてやれなかった、毎晩気がおかしくなるくらい後悔している、お前にはこんな思いさせたくないと訴えます。

ガンジェは、ダルボンがあとで後悔して苦しむことがないように家に帰れ、何も気づかないふりをしろといい、立ち去ります。そして、部屋の外にいるソウルのダルボンのことを頼みます。

ダルボンは、もっと早く教えてくれたら、父さんをあんなに傷つけないで済んだのにと号泣します。ガンシムは私たちも同じ気持ちなのよとダルボンを抱きしめながら泣きます。

翌朝、院長はヤングムを怒りますが、何も覚えていないヤングムは、悪口を盗み聞きした院長に対して逆切れをして、2人は朝から口論になります。

ヤングムは、ヒョジンに電話をして、院長とのけんかを話します。そして。もう負けない、品格を捨てたら自由になったと言います。

テジュは、会社の廊下でガンシムに指輪を渡そうとしますが、ポケットから指輪をうまく取り出せことができずに手間取ってしまいます。そこに、ムン会長とペク・ソリがちょうどやってきます。

その様子を目撃したムン会長は、会社の中で何をやっているのだと怒りますが、テジュは、ガンシムと1か月以内に式を挙げるつもりだと報告します。

家族なのにどうしてあらすじ57話

ムン会長とペク・ソリは、これは結婚の許しを請うのではなく、通告だと呆れます。

テジュは、きっぱりと通告ですと答え、この結婚は自分がしつこくガンシムにねだったからだと、ガンシムを立てます。

ペク・ソリは、ガンシムに女同士で話したいからと、別の部屋に連れていきます。ペク・ソリは、ガンシムの妊娠を疑いますが、ガンシムはきっぱりと否定します。一方のムン会長もあまりに急な話に、妊娠を疑いますが、テジュは否定します。

ガンシムは結婚を許してもらえたらうれしいと言うと、ペク・ソリは、結婚を反対できる立場ではないので、反対はしないけど、結婚後に苦しめることはできるといいます。

ガンシムは、そのことをテジュには言わず、ただ結婚を許してもらえたとだけ言います。ムン会長は、ペク・ソリの手前、怒ったふりをしていましたが、実際には2人の結婚に大賛成でした。

ヨンソルは、今晩の食事会のため夫のソ君に新しい洋服を準備します。ソ君は店が忙しいので、食事会には出ないつもりでしたが、ヨンソルは、相手が大企業の常務でも引け目を感じてほしくないと新品の洋服を押し付けます。

スングムは、食事会の準備に大忙しです。ヒョジンもいろいろと手伝いさせられています。以前からソウルに不満を持っていたヒョジンは、ソウルは忙しい時に限っていない、すごくずる賢いんですと、悪口を言いだしますが、スングムもヨンソルも、苦笑いをするだけで、もちろんそんな言い分を信じません。

ソウルは、スンボンの病気のことを黙っていてごめんねとダルボンに謝罪します。それでもまだ拗ねているダルボンに、言葉ではなく行動で示すべきだ、お父さんにはもう時間がないんだから、1分1秒でも惜しいはず、けんかしてでもお父さんのそばにいるべきだと説得します。

ダルボンは、ガンジェやガンシムみたいに何食わぬ顔で今まで通り父さんの顔を見る自信がないと言います。そんなダルボンに、ソウルは私が付いているから、あんたなら絶対にうまくやれると励まします。

テジュがガンシムの家にきました。スンボンは家に入る前に、豆腐用の豆を店に運ぶように命じます。張り切るテジュですが、21袋もある豆の袋をすべて1人で運んで、へとへとに疲れ切ってしまいます。

それでも、体力テストに合格したテジュは、家に上げてもらうことができました。テジュは手を洗うおうとしますが、洗面台の蛇口が故障していたために、代わりにシャワーを使おうとして、うっかりびしょ濡れになってしまいます。

ソ君は、ヨンソルが買ってくれた新品の洋服を着替えに貸してしいます。ヨンソルにはそれが面白くありません。

さらに、濡れた背広のクリーニングもソ君が出しに行きます。ヨンソルのとっては、さらに面白くありませんでした。

スングムは、テジュに食事を勧め、兄さんは医者の息子に大企業の常務が婿で、こんな幸せなことはないと言います。それを聞いたヨンソルは、ソ君をバカにされたようで、ますます面白くありません。

スンボンは、体力チェックの次は、酒癖のチェックだといい、テジュにお酒を飲ませます。

そこに、ソ君が戻ってきて、ダルボンが店にある豆の袋をぶちまけていると言います。慌てて、スンボンたちが店に行くと、ダルボンとソウルは、豆を水に浸けて、下心をしていたのです。

そして、ダルボンが今日でウノの店をやめてきた、明日からこの店で働くよと宣言します。

スンボンは絶対に許さないと言いますが、ダルボンの決意は固く、父さんと一緒に豆腐を作って売るのが俺の夢だからと言います。

それでも、反対するスンボンに、ダルボンはチャンスをくれと言います。怒ったスンボンは、ウタクを呼び出し、和解条件に違反したダルボンの処置を求めます。

違反したの4つで、1つめは今日の朝食を一緒に食べなかった、2つめは土曜日の夕食を一緒に食べなかった、3つ目は1日1回の電話をしてこなかった、4つめはバイトをやめたので月100万ウォンの小遣いが渡せなくなったことだと言います。

それに対して、ダルボンは朝食の件は警告で、残り2つは今から実行できる、4つ目は豆腐店で働くから、給料から引いてくれと言い返します。ダルボンのスンボンも一歩も譲りません。

ところが明日が日曜日であることに気づいたスンボンは、ダルボンに明日は定休日なのに、だれに豆腐を売る気だ、水に浸けた豆が無駄になると怒ります。

スンボンがいなくなり、食事会が中断してしまいます。謝るガンシムたちですが、テジュの元にメールが来ます。テジュは急な用事ができたのでと、急いで帰ります。

ガンシムは、ダルボンが騒ぎを起こしたせいで、食事会がめちゃくちゃになったと怒ります。

その頃、テジュはスンボンからメールで屋台に呼び出されていました。そして、酒癖をチェックするために、大量のお酒を飲まされてしまいます。

一方のチャ家では、ヨンソルが、ソ君が見下されたと、スングムに突っかかります。ソ君は何も気にしていないので、ヨンソルの態度に戸惑います。

家族なのにどうして55~57話感想

とうとうダルボンも真実を知ってしまいす。自分だけ仲間外れにされていたことに怒りますが、ソウルがしっかりと支えますね~。しっかり者のソウルがそばにいて、ホント良かったね。

ダルボンが、ついに実行に移します。でも、抜けてるとこがダルボンらしいのかな

ガンシムの結婚にしても、ダルボンが店を継ぐことについても、正直スンボンの態度は厳し過ぎる気がしますが、きっと何か考えがあるのだろうなと思います。

院長とヤングムの仲は、かなり険悪になってきました。ヤングムが夫の悪口を友人にぶちまけるのは、主婦のあるあるで笑ってしまいました。国は違っても、こういうところは変わらないだなと、つくづく・・・

家族なのにどうして次回あらすじ

←家族なのにどうしてあらすじ52話~54話
→家族なのにどうしてあらすじ58話~60話

家族なのにどうして全話あらすじ

>>家族なのにどうしてあらすじ全話一覧

人気の韓国ドラマ見放題!無料お試し有り動画配信サイトのまとめ

みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか?

地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。

私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。

韓国ドラマの放送がほとんどなかった十何年前は、レンタルショップに走っていましたが、レンタルの種類も少なかったー

その後、ひかりTVに加入してから、一気に韓国ドラマの視聴が増えましたが、見逃してしまったドラマは結局レンタルで見るしかなくて・・・

だけど、今は観たいと思った韓国ドラマは「動画配信サイト」で即視聴できるから便利な世の中になったもんです、ホントに

しかも、過去から最新のドラマまで見放題♪

ここでは、韓国ドラマを配信している動画サイトを比較・紹介します。

どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。

>>人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ