青い海の伝説あらすじ13話

シアも発見された肖像画を見ますが、ジュンジェにうり二つなことに驚きます。でも、ジュンジェは、俺の方がイケてるといって、ごまかします。シアは、もしかして、ジュンジェの先祖かもしれないと言い出しますが、ジュンジェはだれにも言わず、2人だけの秘密にしてほしいといいます。

マ・デヨンは、最近イヤな夢をよく見るようになりますが、自分の前世の夢とは気づきません。

シムチョンは、帰りの遅いジュンジェに、門限は8時よと文句を言いますが、家主は俺だからルールには縛られないと言います。面白くないシムチョンは、ベッドの横に座り込んで、ジュンジェをずっと睨みつけます。

ジュンジェは、シムチョンが交通事故に遭い、意識不明の間に見た夢の内容について、質問しますが、シムチョンはよく覚えていないと嘘をつきます。

気の済んだシムチョンは部屋に戻ると、初めてついた嘘に胸をドキドキさせます。人魚は心の声が聞こえてしまうために、嘘をつくことがないのです。

ジュンジェは、再び過去世の夢を見ます。真珠の涙を流させるために、セファが痛めつけられた夢でした。

ナムドゥは、シムチョンのX線写真は取り間違えではなく、同一人物のものであることや無職なのに袋いっぱいの真珠を持っていた話をジュンジェをします。

なぜシムチョンの詮索をするのか聞くと、ナムドゥは、シムチョンに会って以来、善人になろうとしているジュンジェの変化が心配だからと答えます。

ホ・イルジュンはだんだんと具合が悪くなってきます。カン・ソヒは、心配するふりをして、薬をきちんと飲むように言います。

シムチョンが、UFOキャッチャーでピンクのタコを取ろうとしていると、そこにユナが通りかかります。

学校を休んでいるけど、行くところがないから、シムチョンのことを探していたら、絶対にタコが欲しいという声が遠くからはっきりと聞こえたと言います。人間には聞こえるはずのない声なのにとシムチョンは不思議に思います。

シムチョンは、ユナを家に連れてきて、私の友達よとジュンジェに紹介しますが、平日なのに学校を休んでいるユナは、さぼっていることがばれてしまいます。

さぼった理由を聞くと、ユナは学校でみんなから無視されていることを話します。

ユナは、うちはお金もないし、パパもいないから、人は自分と違う人を嫌うものでしょ。その言葉を聞いたシムチョンは、心の中で私も違う、正体を知られたらジュンジェは私を嫌い、離れていくとつぶやきます。

ジュンジェとユナにはその言葉が聞こえました。そして、ユナは「何が違うの?ジュンジェって人に嫌われるの?」と聞きますが、ナムドゥに何を言っているんだと言われます。

焦るシムチョンは、ユナを自分の部屋に連れていきます。本当にシムチョンの心の声が聞こえるか試してみると、ユナには聞こえていることがわかりました。そして、このことを誰にも言わないように頼みます。

ナム部長の意識が戻ったという知らせがジュンジェのところにきます。ジュンジェが急いで病院に駆けつけると、ナム部長の 意識は戻ったけど、まだ何も話せない状態でした。

ジュンジェは一人でお酒を飲んでいると、お酒に興味のあるシムチョンが飲み方を教えて欲しいと頼みます。

酔っ払ったシムチョンは、タコのつまみを見て、 タコを焼いたり裂いたり乾かしたりして残酷だわと言います。ジュンジェに刺身は大好きなくせにといわれると、タコは 私たちにすごくなつくんだから、人間にとっての犬と一緒よと言い出します。

ジュンジェは、人間にとっての?お前も人間だろうというと、シムチョンは、違うわと答えます。

そして、私は人・・とまで言いかけて、急に酔いが覚めます。 その後、さんざん飲んで、ジュンジェは泥酔して、どこにも行かせないぞとシムチョンを抱きしめます。

翌日、アン・ジンジュが動物病院を訪れた情報をキャッチすると、詐欺を開始します。ナムドゥが犬を連れて、偶然を装い動物病院に行きます。アン・ジンジュは、何とかして、キム・ジェイとの食事会のセッティングを頼みます。

その話を聞いたシアは、絶対に詐欺だと主張しますが、そこにモ・ユランが洗濯物の仕分けをきちんとしてほしいと言いに来ます。

モ・ユランの言い分に対して、シアは、私の姑でもないくせに、まるで嫁いびりにあっているみたいと文句を言いますが、モ・ユランも負けてはいません。私もシアさんの姑になりたくはありませんと言いたいします。

モ・ユランがジュンジェの実母と知らないシアは、あの人の息子と結婚する女性を心から同情するわと言います。

ナムドゥはさんざんもったいつけた上で、アン・ジンジュに電話をして、自宅に招いてもらう約束を取り付けます。

ジュンジェ、シムチョン、ナムドゥの3人でアン・ジンジュの家に行きますが、ここはシアの家でもあります。

なんとか、キム・ジェイに取り入りたいアン・ジンジュは、婚約者のシムチョンに、ユナと自分の娘は大親友になりますといい、必死でご機嫌を取ります。

買い物に出ていたシアが帰ってくると、門のところでアン・ジンジュに買い忘れたものがあるからと電話がかかってきます。しぶしぶ、もう1回買い物に行くシアです。

一方、アン・ジンジュの夫は詐欺を疑い、キム・ジェイ(ジュンジェ)からもらった名刺に記されている番号に電話をします。すると、きちんと電話が繋がり、キム・ジェイを信用します。もちろん、外で待機していたテオが、仕組んだことでした。

キッチンでは、モ・ユランが料理を準備していますが、ジュンジェもユランもお互いに気が付きません。

青い海の伝説あらすじ14話

大富豪のキム・ジェイになりすましたジュンジェたちは、アン・ジンジュの家で食事をごちそうになります。明太子入りの卵焼きを食べたジュンジェは、母親の手料理の味を思い出します。それもそのはず、その料理はジュンジェのお母さんが作ったものですから。

外で待機をしているテオは、帰宅したシアを見て、初めてここがシアの家だと気づき慌てます。

家に入ろうとするシアを何とか引き止めるために、テオは好きだと言ってしまいます。二人で近くのカフェに行き、いつから好きだったの?でも、私はジュンジェ一筋だから、困ったわなどとシアが一人で喋っているすきに、ジュンジェにメッセージを送り、そこはシアの家だからすぐに撤収するようにと伝えます。

急用ができたふりをして急いで立ち去り、間一髪でシアにバレずに済みました。

まさかシアの家とは知らずに詐欺を仕掛けたことで、ジュンジェとナムドゥは焦りますが、その様子を見たシムチョンは、ジュンジェは詐欺師なのか悪人なのかと心の中で疑問に思います。

「全部嘘だったの?」と問いかけるシムチョンに、ジュンジェは詐欺師であると認めます。その代わりに、シムチョンの秘密を問い詰めます。

「私の秘密はあなたと違うこと、私が人魚だってこと」と心の声で話します。

シムチョンは家から姿を消します。一方シムチョンが人魚であることを知ったジュンジェは、スペインで失った記憶を思い出し、シムチョンを必死に探します。

過去に戻ります。捕らわれたヤンは、漢陽の高官に賄賂を渡し、人魚に惑わされた県令に濡れ衣を着せられたと訴え、その話は王にまで伝わっていました。さらには、ヤンの手下たちは人魚を捕まえるために血眼になっていました。

その話に怒ったタムリョンは、牢屋の中にいるヤンに「死ね、そして二度と生まれ変わるな」と刀を振り上げます。

そこでマ・デヨンは目を覚まします。 最近おかしな夢ばかり見るマ・デヨンは、ジュンジェと一緒にいるシムチョンがまさか人魚ではと思います。

シムチョンは、ジュンジェに買ってもらったブランド物の服をすべてデパートに返品します。そのことを知ったジュンジェは、どこのデパートに行ったのかをテオに調べさせます。

デパートにいるシムチョンを見かけたチヒョンは、彼女を追いかけ、家まで送ると申し出ると、シムチョンはそれならあそこに連れていってと頼みます。

そことはなんとサウナでした。ドラマで家出した人がここに寝ていたのを見たシムチョンはサウナに来たのです。

サウナが初めてのシムチョンは、システムが良く分からずに戸惑います。不用心なシムチョンは、ロッカーに大金の入ったバッグをしまう時にも、女子高生たちに見られてしまいます。

シムチョンのバッグを盗んだ女子高生たちは、バッグの中身を漁り、携帯の電源を入れます。そのおかげでGPSが作動し、ジュンジェはシムチョンの居場所をやっと見つけ出すことができます。

GPSが示す場所に行くと、そこにはシムチョンではなく、女子高生たちがいました。彼女たちは、シムチョンから盗んだお金を山分けしているところでした。

ジュンジェは、お金とバッグを取り返し、バッグを盗んだ場所を聞きだし、やっとのことで、サウナにいるシムチョンを見つけ出します。

シムチョンの姿を見たジュンジェは、思わず駆け寄り炊きします。そして、どうやって来たと尋ねると、シムチョンはチヒョンに連れてきてもらったと答えます。

そこには、まだチヒョンもいましたが、ジュンジェはチヒョンには構わず、シムチョンの手を引いて、連れていきます。

シムチョンは、ブランド物を返品したお金をジュンジェに返しますが、決して家には帰ろうとしません。ジュンジェが食べ物で釣っても、頑として聞き入れません。

それは、ジュンジェが悪い詐欺師であると知ったからです。でも、シムチョンはなぜかジュンジェにがっかりできず、今も離れたくないと思います。

その心の声が聞こえたジュンジェは、家に帰りたくないならここにいろ、ただし、挨拶もなしに消えるなと言い、立ち去ります。

チヒョンがジュンジェを待っていました。そして、父さんが白内障で体調が悪いと伝えますが、それならお前が病院に連れていけとジュンジェは言います。

チヒョンは、「お前にとっては初めから父親だが、僕には初めての父親だ。父さんに感謝している、だから認めてほしいし、守りたい」

ジュンジェは「お前の父親になるために多くを犠牲にしたからな」と言い、立ち去ります。

ホン刑事がマ・デヨンについて調べを進めていると、カン・ジヒョンという女性との同居歴があることを知ります。

カン・ジヒョンには、2度の結婚歴があり、2度とも夫が死亡していました。2人の夫は、結婚後まもなく失明して、亡くなっていたことがわかりました。

ジュンジェは、シムチョンをサウナで1人にはしておけず、一緒にサウナで過ごすことにします。

青い海の伝説あらすじ15話

サウナの仮眠室で、シムチョンが目を覚ますと、横にジュンジェが眠っていました。シムチョンは、離れていた分、顔を見つめていたいから、目を覚まさないでと思います。

シアは、モ・ユランの部屋にある家族写真を偶然見てしまいます。その写真には、夫と幼い息子が写っていましたが、その息子がジュンジェ本人とは気が付きません。

シアはジュンジェの家におかずを差し入れます。3人とも、お前の家のおかずは美味しいと褒めると、今度は家に遊びに来てと誘われますが、アン・ジンジュにキム・ジェイと思われているので、もちろん断ります。

シアは、テオにジュンジェの前で私のことが好きだという態度をだすなと言い聞かせます。本当はテオはシムチョンが好きなんですが、完全に勘違いしています。

テオは、もう完全に気持ちを整理したからといっても、私のために嘘をついていると信じようとしません。そして、無理やり自分の連絡先をテオの携帯に登録して、会いたくなったら、我慢せずに連絡してと言います。

サウナでは、水を飲んだり、水鉄砲で遊んでいる子供たちに、ジュンジェはいちいち怒ります。シムチョンに水がかかっては大変だからなのですが、大騒ぎするジュンジェに、他の人の迷惑になるから帰れと言われてしまいます。

アン・ジンジュは、娘のエリザベスにユナと仲良くするように言い聞かせ、ユナにも、エリザベスのママが優しくて学校が楽しいと、シムチョンに伝えるように言われます。

その通りに伝えますが、シムチョンに本当に楽しいの?と聞かれると、ユナは楽しくないと答えます。もうすぐ発表会があるけど、うちはだれも見に来てくれる人がいないからつまらないと答えます。

発表会当日、シムチョンはユナのために学校にやってきます。さらに、ジュンジェたちもユナの応援に来ます。キム・ジェイだと思い込んでいるアン・ジンジュは、必死に媚を売ります。

発表会が終わり、シムチョンは家に帰ることになります。そして、ユナのために嘘はついたけど、善意の嘘なら悪くないと考えます。ジュンジェにも、これからは悪意の嘘はつかないと約束してと言います。ジュンジェは、ナムドゥとテオがいる前でしたが、もう嘘はつかないと約束します。

ジュンジェはシムチョンを、イルミネーションの噴水の前に連れていき、ちょっとまっていろと、その場を離れます。ジュンジェは、シムチョンが前から欲しがっていたピンクのタコのぬいぐるみを持って、戻ってきました。

ところが、そこにはホン刑事がいました。マ・デヨンの目撃情報で周辺を調べていたのですが、偶然、ジュンジェを見つけたのです。ジュンジェは、シムチョンに声をかける間もなく、連行されてしまいます。

過去に戻ります。牢屋の中にいるヤンに、タムリョウンがまさに刀を振り下ろそうといた瞬間、「罪人キム・タムリョンに王命を言い渡す」という声がかかります。

タムリョンは、人魚に惑わされ、任務を果たさず、民を不安に陥れた罪で、巨済島に幽閉されることになりました。

いつまでも戻ってこないジュンジェに、シムチョンは電話をしますが、手錠をかけられているために電話に出れません。

ホン刑事に電話に出たいと言いますが、3年前もその手で逃げられたので、電話に出ることを許しません。

しかし、ジュンジェは任意同行のはずだから、手錠は違法だし、電話の自由にできると交渉しますが、一向に聞き入れません。

ところが、ホン刑事たちが、マ・デヨンの目撃情報があったためにこの周辺を調べていたことをジュンジェが知ると、いきなりホン刑事の胸ぐらをつかみ、奴の狙いは俺だ、理由はわからないが、奴は俺を追っている、恋人が1人きりなんだ、携帯をよこせと怒鳴ります。

シムチョンが携帯に出たので、ジュンジェは安心します。そして、シムチョンはタクシーで帰りますが、そのタクシーの運転手がマ・デヨンだったのです。

マ・デヨンに気が付いたシムチョンは、それをジュンジェに伝えるために、今日も帽子をかぶっているのねと言います。その言葉でジュンジェは、マ・デヨンがタクシーの運転手に変装していることに気がつきます。

どこにむかっているかと聞くと、シムチョンは、初雪の日に会う約束をしたところに近づいていると答えると、携帯が切れてしまい、かけ直しても繋がりません。

ジュンジェは、ホン刑事に南山方面に向かうように 指示します。さらに、最近盗まれたタクシーの盗難車の照合や検問をするように指示をします。

一方、連れ去られたシムチョンは、タクシーの中では、薬を打たれ眠っていました。

マ・デヨンは、検問を回避しますが、ソウルの道を知る尽くしているジュンジェは、マ・デヨンの逃げ道を予想し、そちらに向かいます。

シムチョンが目を覚ますと、そこは廃屋になった病院の一室でした。マ・デヨンは、夢の中でシムチョンと瓜二つの女性が人魚だったことから、シムチョンが人魚なのかを確かめようとしていました。

バケツに水を張り、そこにシムチョンを入れようとしていました。薬の効いているシムチョンは立つことができません。

検問を避けた道の先には、マ・デヨンが昨年まで通っていた病院があると知っジュンジェたちは、そこに向かいます。

シムチョンは、「あなたの夢に私が出てくるなら、怖い話を聞かなかった?人魚に触れた人間の末路を、人魚は人間の記憶を消せるの」

マ・デヨンは、その話を夢の中で聞いていたことを思い出します。

「私に触れた瞬間全ての記憶を奪ってあげる、それが人間から身を守る術だから」と言います。

そこでジュンジェの足音が聞こえ、マ・デヨンは逃げ出します。シムチョンは「ジュンジェ、怖いわ」と心の声で助けを呼びます。

ジュンジェは無事にシムチョンを助け出すことができ、来るのが遅くなってすまないと謝りながら抱きしめます。

ジュンジェとシムチョンは、ホン刑事を連れて帰宅します。 ナムドゥとテオは刑事を連れてきたことにひどく驚きます。

シムチョンを休ませ、 ジュンジェはホン刑事に、今までマ・デヨンにつけ狙われてたことを話します。そして、マ・デヨンを捕まえるために手を貸す約束します。

青い海の伝説13話~15話の感想

シアは、家政婦のモ・ユランに対して上から目線ですが・・・、ジュンジェの実母と知ったら、どんな反応をするか楽しみです(笑)

ジュンジェがシムチョンの心の声が聞こえるようになったのは、心が通じ合うようになった証ではと思いますが、ユナにも聞こえるのはなぜなのか、この辺りが謎です。ユナも人魚の仲間なのかもしれません。

テオ君、シアを止めるための嘘が、よりにもよって「好きだ」とは

しかも、シアはすっかり真に受けて、困るわ~なんて言いながらも、あれは絶対に悪い気はしてないはず

シア役のシン・ヘソン、意地悪っぽいけど、なんか憎めない役が似合いますね。「彼女はキレイだった」でも、そんな感じの役でしたし

カン・ジヒョンはもしかしてカン・ソヒかな?マ・デヨンとの関係が少しづつわかってきましたね。

家出といえばサウナ、確かにドラマでそういうシーンはよくあります。

韓国では、サウナと呼ばれる施設には、モギョクタン(沐浴場)やチムチルバンといろいろな種類の施設があるようです。

モギョクタン(沐浴場)は、日本の銭湯のような施設で、大浴場、シャワー、アカスリ、サウナがあり、大広間があれば、夜泊まることができます。

チムチルバンは何種類ものお風呂やサウナがあり、日本でいえばスーパー銭湯や健康ランドのような施設です。

専用の服を着て男女一緒に入れるサウナも多数あり、食堂や売店、フィットネスルーム、エステ、喫煙室、睡眠室などが揃う施設が多く、デートに利用するカップルも多いそうです。

お値段もリーズナブルで、長時間リラックスして過ごせるのがいいですね。

韓国の一般家庭では、基本的にシャワーだけで済ますことが多く、週末などの休みの日に、サウナやチムチルバンでゆっくり入浴する人が多いそうです。

これだけの施設が揃っていれば、1日中、十分に楽しめそうですね。

忘れてはならないのが、ゆで卵!必ずといっていいくらい、ゆで卵を食べるシーンが出てきます。

実は、ゆで卵ではなく、サウナの熱で焼いた燻製の卵だそうです。だから、茶色なんですね。

ゆで卵とシケという飲み物は、チムチルバンの定番メニューだそうです。

参考:韓国式スーパー銭湯「チムジルバン」の利用ガイド

青い海の伝説次回あらすじ

←青い海の伝説あらすじ10話~12話
→青い海の伝説あらすじ16話~18話

青い海の伝説全話あらすじ

>>青い海の伝説あらすじ全話一覧

人気の韓国ドラマ見放題!無料お試し有り動画配信サイトのまとめ

みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか?

地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。

私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。

韓国ドラマの放送がほとんどなかった十何年前は、レンタルショップに走っていましたが、レンタルの種類も少なかったー

その後、ひかりTVに加入してから、一気に韓国ドラマの視聴が増えましたが、見逃してしまったドラマは結局レンタルで見るしかなくて・・・

だけど、今は観たいと思った韓国ドラマは「動画配信サイト」で即視聴できるから便利な世の中になったもんです、ホントに

しかも、過去から最新のドラマまで見放題♪

ここでは、韓国ドラマを配信している動画サイトを比較・紹介します。

どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。

>>人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ