青い海の伝説あらすじ1話

1598年8月江原道

嵐の翌日、浜辺に打ち上げられた人魚が発見されます。

この土地の権力者で商人のヤンは、人魚を捕らえたことに大喜びをします。人魚の体から摂れる油は高値で取引されるからです。

ちょうどその頃、新任の県令キム・タムリョンが赴任してきます。ヤンは歓迎の宴でタムリョンに 人魚を披露しますが、美しい 人魚を哀れに思ったタムリョンは、ヤンの不正を見逃す代わりに、人魚を海に帰すように命じます。

タムリョンは、それ以来不可思議な夢を見るようになります。そこは現代のソウル、タムリョンにうり二つの男性ホ・ジュンジェは、催眠術を操る天才詐欺師として、ナムドゥとテオの3人の仲間とさまざまな詐欺を働いていました。

今回のターゲットは、 明洞キャピタルの奥様で、検事になりすましたジュンジェたちは、事件を不起訴にする代わりに多額のお金をだまし取ることに成功します。

ひと仕事が終わり3人は別行動をとります。ジュンジェは美しい海に囲まれた南の島でバカンスを楽しみます。その海には、人魚がいるという伝説が残っていました。

その海には人魚が実在していました。浜辺に近づきすぎた人魚は突然の嵐に巻き込まれ、海水をひこんだホテルのプールに打ち上げられてしまいます。

人魚が目を覚ますと、2本の足が生えていて、海に戻ると尾ひれが蘇りました。

ジュンジェの姿を見かけた人魚は、ジュンジェの宿泊している部屋に忍び込み、盗み食いをし、ジュンジェの洋服を勝手に着て、部屋を荒らします。

ジュンジェに見つかった人魚は海に逃げようとしますが、窓ガラスに激突して、気を失ない、捕まってしまいます。ジュンジェは、変な女を泥棒と思い、警察に通報をして引き渡します。

ところが、変な女の身に着けていた腕輪が気になったジュンジェは、ナムドゥに調べさせると、400年以上昔のヒスイの腕輪で、本物なら60億ウォン以上することが判明。ジュンジェは、計画を変更します。

青い海の伝説あらすじ2話

ヒスイの腕輪に漢字でタムリョンという刻印があれば、本物であるとナムドゥは言います。

ジュンジェは、警察官に催眠術をかけ、人魚をまんまんと連れ出すことに成功します。

まず人魚と仲直りをするために握手をしようとしますが、拒否されます。ジュンジェは、彼女の警戒心を解くことが先決と思い、ショッピングモールに連れて行きます。

しかし彼女は横断歩道の渡り方もエレベーターの乗り方もわからず、変な行動ばかりを取ります。でも、ジュンジェは翡翠の腕輪のために、裸足の彼女に靴を買い、さらに洋服も買ってあげ、ご機嫌を取ろうとします。

ところがほんの一瞬目を離した隙に人魚はいなくなってしまいます。ジュンジェが慌てて探すと彼女は迷子センターにいました。

今度は食事に連れていきますが、ここでも人魚はめちゃくちゃな食べ方をします。ジュンジェは根気よく食べ方を教え、そろそろ警戒心が解けた頃だろうと思い、彼女に催眠術をかけますが、全くかかりません。

代わりにネックレスをプレゼントしますが、その時には翡翠の腕輪はジュンジェの手の中にありました。

まんまとヒスイの腕輪を手に入れたジュンジェは、用事があるからここで待っているといい、人魚をショッピングモールに置き去りにします。ジュンジェは、荷物をまとめて 高跳びの準備をします。

一方、人魚はジュンジェをちょっと待ち続けますが、お店が閉店になり、土砂降りの雨が降る店外に追い出されます。それでも、人魚はジュンジェを待ち続けます。

しかし、人魚のことが気になり、見捨てることのできなかったジュンジェは、ショッピングモールに 戻り、雨の中で座り込んでいた彼女に傘を差し伸べます。人魚は、ジュンジェの姿を見るとにっこりと笑い、手を伸ばし、握手をします。

1598年に戻ります。タムリョンは、自分の助けた人魚と同じ顔の女性出てくる夢を見て、人魚生まれ変わるのだろうかと不思議に思います。

地元の子供たちが願いを込めて風灯を飛ばす のを見たタムリョンは、 自分にも願い事があるといい、子供たちと一緒に風灯を飛ばしますが、 横風に流され、落ちてしまいます。

岸辺に落ちた風灯を拾いに行くと、そこには助けた人魚がいました。

一方で、ヤンは高値で取引される人魚を諦めきれず、なんとか捕獲しようと考えます。地元の老漁師は、タムリョンと人魚の縁はすでに結ばれているので、 タムリョンの後をつけていれば、人魚を捕まえることが できるといいます。

人魚はタムリョンに語りかけます。言葉が喋れることに驚いたタムリョンは、「なぜ捕まった時に喋らなかったのか」と聞きます。

すると人魚は「心と心で話をするのです。かつて人魚を愛したひとりの少年には聞こえました。と答えます。
タムリョンが、「その少年はどうなった」と問いかけたときに、地元の子供たちがやってくる姿が見えました。「また会えるか?」と聞くと、人魚は「私に会いたい時は海に風灯を飛ばしてください」と答え、海に帰っていきます。

タムリョンは、風灯を飛ばし、人魚と再会します。

場面は現代に戻ります。 ジュンジェは、別れの挨拶をしに来ただけだと言いますが、結局は人魚を見捨てることができずに一緒に連れて行き、宿泊先のホテルに泊めてあげます。

ここでも、人魚は、面白がって電気をつけたり消したりして遊んだり、 PCの動画にも興味しんしんで、一晩中、 動画を見て、泣いたり、笑ったり徹夜をしてしまいます。

ジュンジェたちが騙した明洞キャピタルの奥様は、実は裏社会とつながりを持つ危険な人物でした。詐欺に遭い、笑い者にされた奥様は、死体でも構わないからジュンジェを捕まえて来いと部下たちに命じます。

翌朝、ナムドゥから、明洞キャピタルから追手がかかるから逃げろとジュンジェに連絡してきます。今回に限り、ジュンジェは仕事が終わった後に携帯を変えていなかったために、位置を追跡されてしまったのです。すでに、やくざたちはホテルにたどり着いていました。

ジュンジェは、人魚にはここでお別れだといい、慌てて荷物をまとめて逃げ出そうとしますが、心配で残していくことができず、一緒に逃げ出します。

青い海の伝説あらすじ3話

ジュンジェと人魚は、自転車で細い路地を抜けて逃げます。同じく自転車で追ってくるヤクザたちに追いつかれそうになりますが、怪力をもつ人魚が、追手たちをやっつけます。

ところが、人魚がやっつけたことに気づいていないジュンジェは、自分のおかげで逃げ切れたと思い込んでいます。

さらに、追手が掛かりますが、人魚がそのほとんどを叩きのめしてしまいます。ところがヤクザのボスから銃を突きつけられたジュンジェは、車で拉致されてしまいます。

自転車で追いかける人魚、車よりも早く自転車を漕ぎ、ジュンジェを助けます。逃げ出すことに成功したジュンジェと人魚ですが、お金も携帯の置いてきたしまったために、昔の仲間ボンドクに助けを求めます。

ボンドクは、トーマス神父と名乗り、教会で詐欺を働いていました。そこで、ジュンジェは 信者たちに伝道師のホ・ノアとして紹介されます。

人魚のことは、妻で数年前に事故に遭い言葉が喋れないと紹介しますが、人魚はいきなり流暢な言葉で挨拶をします。

急に話せるようになった人魚に驚くジュンジェ、人魚は「あなたがくれた板で勉強したの」と答えます。一晩中見ていたノートパソコンで言葉を覚えたのです。そして、ワイフってどういう意味と聞きますが、友達のことだとジュンジェはごまかします。

ボンドクは助ける代わりに、 ジュンジェに詐欺の手伝いをさせます。ジュンジェは信者たちの前で歌い、彼の美声と容姿は、信者たちの心を打ち、多くの寄付金を集めることに成功します。

その晩、ジュンジェと人魚は、教会に泊めてもらいます。人魚はジュンジェが歌った歌詞の「アイ」という言葉の意味を聞きます。

ジュンジェは、アイは危険なものだから、簡単に愛してるとお腹減ったは言うなと教えますが、人魚はジュンジェに向かって愛していると言います。

夕食を食べながら、ジュンジェは人魚にお箸のty買い方を教えます。ジュンジェが隣に座って接近すると照れる人魚です。

ジュンジェは、人魚が記憶喪失と考え、催眠術で記憶を取り戻そうとしますが、人魚は両親はいないと答えます。逆に、ジュンジェの両親のことを訪ねます。

ジュンジェは、父親はいないも同然で、母親はわからないから世界の果てに探しに行くと答えます。

さらに、人魚の名前を聞くと「ないけど」と答えます。変な女だと言いながら、ジュンジェは自分の方がよっぽど変だとつぶやきます。それに対して人魚は、あなたは私を最後まで置いていかなかったからいい人よと言います。

ぐっすりと眠る人魚の腕に、翡翠の腕輪を戻します。盗んだものを返したのはこれが初めてだ、世界の果てまで一緒に行こうと一人つぶやきます。

翌日、ジュンジェは人魚と共に、世界の果てと呼ばれるヘラクレスの塔にやってきます。

ヘラクレスの塔には、ヘラクレスの母親はここで生き別れた息子を思い続け、その姿を見た人たちが灯台を作ったこと、そして、ここで別れた人達はここで必ず再会できるという伝説がありました。

幼い頃、ジュンジェはここで母親と生き別れになった過去がありました。ジュンジェは、人魚にその思い出話をして、その時石碑に彫った自分の本名を教えます。

挨拶もなしに姿を消した母親を恨めしく思うジュンジェでしたが、人魚は石碑にもう1つジュンジェの名前がほられていることに気がつきます。

「愛してるわ、ジュンジェ」と彫られた言葉を見て、母親が挨拶をして別れたことを知り、笑顔になります。

そこに、再びヤクザたちが追ってきました。銃を持つヤクザたちから逃げるジュンジェと人魚が、断崖絶壁に追い詰められます。

ジュンジェは人魚を助けるために、自分とは無関係な人間だから見逃せと言いますが、人魚はワイフだといってしまい、2人とも銃を突きつけられてしまいます。

「逃げればいいのに、大ピンチだ」と人魚にささやくジュンジェ、意味ありげに崖下を覗く人魚に「俺は高いところも水も苦手だ」といいますが、人魚はかまわずにジュンジェの手を掴み、がけから飛びおります。そして、ジュンジェは、海中で尾びれがよみがえった人魚の姿を見ます。

場面は過去に戻ります。

風灯を飛ばしたタムリョンは、人魚と再会します。名前を聞くと、その名は幼い頃に亡くなったタムリョンの妹と同じセファでした。人魚は「その名をくださった方のことをお話ししましょう 」と語り始めます。

青い海の伝説1話~3話の感想

映像がとてもきれいな作品です。

人魚に扮するチョン・ジヒョンさんが海で泳ぐシーンはもちろんですが、夜の海に風灯が飛び、イ・ミンホさん扮するタムリョンと人魚が会うシーンは幻想的で美しくて、思わず見入ってしまいました。

そうかと思うと、現代では人魚のぶっ飛んだシーンが面白い~

で、ハチャメチャキャラかと思えば、しゃべりだすと落ち着いた雰囲気を醸し出してますね。

1話から3話の海外ロケの場所は、パラオのカープアイランドという星型の島で、世界でも有数のダイビングスポットです。確かに透き通るように美しい海で泳ぐ人魚は幻想的です。

チョン・ジヒョンさん、相変わらずの美しさですが、指が長い!今更かもしれませんが、指が長くて、手がキレイ

スタイルが良くて、美しい人はすみずみまできれいだわ~

そして、イ・ミンホさん!いうまでもなくかっこいい!個人的には役人姿の方が好きです。

過去と現代の場面が交錯して、2人にはどんな縁があるのか?

ストーリーのテンポも良く、出だしは面白く視聴できました。

青い海の伝説次回あらすじ

→青い海の伝説あらすじ4話~6話

タイトル全話あらすじ

>>タイトルあらすじ全話一覧

人気の韓国ドラマ見放題!無料お試し有り動画配信サイトのまとめ

みなさんは、韓国ドラマを何で視聴していますか?

地上波やBS,WOWWOW,専門チャンネルといろいろなところで放送していますね。

私は、主にBSをチェックしていますが、見逃してしまったドラマや話題の最新ドラマを見たい時には「動画配信サイト」を利用しています。

韓国ドラマの放送がほとんどなかった十何年前は、レンタルショップに走っていましたが、レンタルの種類も少なかったー

その後、ひかりTVに加入してから、一気に韓国ドラマの視聴が増えましたが、見逃してしまったドラマは結局レンタルで見るしかなくて・・・

だけど、今は観たいと思った韓国ドラマは「動画配信サイト」で即視聴できるから便利な世の中になったもんです、ホントに

しかも、過去から最新のドラマまで見放題♪

ここでは、韓国ドラマを配信している動画サイトを比較・紹介します。

どのサイトも無料お試し期間があるので、気になるドラマがあったら、まずは無料で体験してみてください。

>>人気の韓国ドラマを無料で見放題!動画配信サイトのまとめ